• 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー
M&A用語集M&A用語集

株式譲渡

Pocket

M&Aにおける株式譲渡は、対象となる会社の株式を売買することによって経営権を譲渡する手法。対象会社が株券発行会社の場合には、買主と売主との合意に加えて、株券の交がなければ譲渡の効力は生じない。対象会社が非上場企業である場合には、株式譲渡は買い手と対象会社の株主との相対取引により実行される。このため対象会社の株主が広く分散している場合、買い手は多くの対象会社株主との間で相対の譲渡取引を実行する必要があり、目標とする株式数(議決権比率)を取得するのが困難となる場合がある。債権債務、契約関係等は全て引き継がれるため、対外的には株主が変わった以外に大きな変化はなく、しっかりと引継ぎがなされれば事業がそのまま承継できる可能性が高いと言われている。個々の契約の移転手続きが簡便で迅速なため、中堅中小企業のM&Aでは、一般的に用いられる手法であり、但し、譲渡企業を丸ごと引き継ぐため、予期せぬ簿外債務などが発覚するなどのリスクもあるため、M&A前の財務面、法務面も含めた事前調査 (デューデリジェンス) をした方がベターである。また、会社の事業を取捨選択して譲渡することができないというデメリットがある。

Pocket

この用語に関連するコラム

メールでのお問い合わせ

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ
中小企業中小企業庁の「M&A支援機関登録制度」に登録されました