• 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー
M&A用語集M&A用語集

割引キャッシュフロー法

Pocket

企業評価方法のひとつ。将来生み出すと予想されるキャッシュフローを現在価値の合計をもとに企業の評価額を算出する方法のことをいう。「DCF法」とも呼び、将来の収益見通しを現時点での価値に置き直して企業評価額とする方法で、広い意味での収益還元法の一種である。

この方法で評価する場合、フリーキャッシュフローを割り引く際の割引率の設定によって結果が大きく異なるため、客観的で妥当な割引率を算出することが重要。会社の収益またはキャッシュフローに着目する企業評価方法。割引キャッシュフロー法では、将来の予想収益を基に評価を行うため、評価対象会社の将来の事業計画が必要となり、企業評価にあたっては、概ね5年分程度の事業計画を利用することが一般的。つまり、事業計画の精度や信頼性が企業価値に影響を与えると考えられる。割引キャッシュフロー表は、会社が持つ「のれん」や将来に対する期待を反映する評価方法として合理的だと言われている。また、売上や利益より実態を映し出しやすいキャッシュフローを使用している点もメリットと考えられる。

Pocket

この用語に関連するコラム

メールでのお問い合わせ

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ
中小企業中小企業庁の「M&A支援機関登録制度」に登録されました