• 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー
M&A用語集M&A用語集

レーマン方式

Pocket

ドイツの経営学者、レーマンの学説を応用した成果配分方式のひとつ。M&Aアドバイザリー業務の成功報酬の一般的な計算方式で、移動した資産の価格に対して一定の割合を乗じて算出する方式のことをいう。取引金額に応じて報酬料率が逓減する方式となっている。なお、買い手売り手の双方から仲介手数料として成功報酬を請求する業者もある。

取引金額が5億円までの部分・・・5%

取引金額が5億円を超え10億円までの部分・・・4%

取引金額が10億円を超え50億円までの部分・・・3%

取引金額が50億円を超え100億円までの部分・・・2%

取引金額が100億円を超える部分・・・1%

レーマンの学説では、企業の業績を高める要素を「資本」と「労働」に分けて、資本を「純利益÷総資本」、労働を「純利益÷従業員数」で考える。これによって資本比率と労働比率を明確にすることによって貢献度を明確にしようとした。

同じレーマン方式でも、「移動総資産レーマン」(株式価額+負債総額)「企業価値レーマン」(株式価額+有利子負債額)「株価レーマン」(株式価額)と、仲介会社によって算出基準が異なるので、M&Aコンサルタントに確認し、オーナー経営者自身で見極める必要がある。

Pocket

この用語に関連するコラム

メールでのお問い合わせ

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ
中小企業中小企業庁の「M&A支援機関登録制度」に登録されました