• 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー
M&A用語集M&A用語集

ターミナルバリュー

Pocket

継続価値、TVとも言われる。事業や企業の生み出す将来のキャッシュフローを試算に際して、個別にキャッシュフローの試算ができない期間(例えば5年目以降)について算定された永続価値のことをいう。DCF法で行われた企業評価では、ターミナルバリューが事業価値の大半を占めるケースも見受けられることもあり、中には非現実的な仮定を行っているケースも見受けられる。買収価額算定にあたっては仮に第三者意見を取得したとしても、内容の吟味が必須である。

計算式: 「ターミナルバリュー = 試算最終年度のCF÷(割引率-永久成長率)」

評価対象が単一事業を行う会社の場合、その事業のライフサイクルには限界が生じる可能性があります。その事業のキャッシュフロー生成能力に期間的な限界があるような場合には、単純にマイナス成長で事業価値を調整することは合理的とはいえない。ターミナルバリューは予測が困難な期間について、より有意義(説明可能性)を高めるために考案されたモデルなので、その適用に際してはより相応しいモデルを設定する必要があると考えられる。

Pocket

この用語に関連するコラム

メールでのお問い合わせ

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ
中小企業中小企業庁の「M&A支援機関登録制度」に登録されました