• 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー
M&A
体験談
基本
売り手

検討開始から譲渡まで2ヶ月!? 驚きのスピードM&A体験談

2021.11.09
[著]:小川 潤也
Pocket

工務店の創業から始まり介護ビジネスへも多角化し、地域の経営者として確固たる地位を築いてきたH.Uさん。M&Aの決断から2ヶ月あまりで譲渡まで完結したという、驚きのスピードで実現した事業譲渡について聞いてみました。

子どもたちは会社を継がず、従業員承継もとん挫

――今回、工務店のM&Aを実行された理由は何でしょうか?

私が60代半ばを過ぎたころ、従業員から「うちの会社はどうなってしまうんですか?」という声が出てきました。

そこで会社の引き継ぎを考え始めたんですが、まず息子と娘に継がせる選択肢はなかった。本人たちに継ぐ気がなかったし、私としても彼らには自分の好きに生きてほしかったので、会社を継いでくれと言うつもりもありませんでした。

ただ、実は当初、会社の行く末を心配する従業員のなかで「自分が継ぐ」と手を挙げた人物がいたんですよね。

――従業員承継ができそうだったんですか。それはラッキーなはずでは?

そう思って、まずはその従業員に3年間、専務に就いてもらったんです。3年後には社長をやってもらうからね、と言って。私の報酬を落として給与を上げてやりましたよ(笑)

で、3年後にその専務を社長に就任させたんです。そうしたらなんと、たった1年で本人が「やめたい」と言い出した。

――えっ。理由はなんですか?

経営者をやることで家族との団らんの時間が奪われるからやめたい、と言ってきたんです。要は、社長をやる覚悟がない人物だったんですね。

実はその前から、その従業員の親類縁者をとんでもない高給で副社長に引き入れようとしたり、おかしいなと思うところがありました。それで結局、家族との時間を優先したいから辞めるという話になったんで、ああこれはダメだなと。

会社を継ぐ相手のあてがなくなったところで、売却することに決めました。

約2ヶ月の「スピード婚」M&A

――絆コーポレーションさんにM&Aサポートを依頼された理由は?

絆コーポレーションの小川さんは元々知り合いだったんです。家族ぐるみの付き合いがありまして。

私は会社の創業以来、ずっと地域の皆さんに支えられてここまでやってきました。工務店以外に介護ビジネスをやっているのも、実はなにも社会貢献的な志があったわけじゃなく、地域の皆さんや従業員からの要望があったから結果的にやっていただけなんです。

ですから、M&Aという会社の一大事に関しても、地域の人に支えてほしかった。ですから、地元の会社である絆コーポレーションさんに決めました。

――実際にM&Aを進めるなかで苦労したエピソードはありましたか?

全くないです。確かその年の7月くらいにM&Aをすると決めて、10月に入るころには買い手さんがプレスリリースする日程も決まってしまっていたぐらいで、すごく早くM&Aが決まったので。

買い手の候補は確か2社、手を挙げてくれていましたが、そのうちの1社が私も社長さんを知っている会社で、その会社と交渉に入りました。その後は結局、M&Aに関して先方さんに会うのは正味2回とかでとんとん拍子に譲渡まで進みましたね。

絆コーポレーションさんも、こんなにスムーズに進むのは逆になかなかないケースだと驚いていました。

――それはすごい。では、今はリタイア生活ですか?

いや。今は障害者向けのグループホーム事業を準備しています。これも地域からの希望があってね、私がやるしかないだろうと。

もう私も70歳を過ぎていますからこれが最後の事業と思って、気合を入れて取り組んでいるところです。

今回のグループホーム事業を走り出させて、道ができたところで若い志ある人に事業を受け継いでいってもらうのが、最後の目標ですね。

――M&Aに成功して悠々自適のリタイア生活かと思いきや、次の事業へ挑戦し続けるH.Uさん。生涯現役の経営者として、今後のご活躍も楽しみにしています。

Pocket

小川 潤也

株式会社絆コーポレーション
代表取締役

1975年新潟県新潟市(旧巻町)生まれ。株式会社絆コーポレーション代表取締役社長。大学卒業後、株式会社富士銀行(現・みずほ銀行)入行。法人担当として融資、事業再生、M&Aなどの総合金融サービスを手がける。2004年、医療介護の人材サービスを手がける株式会社ケアスタッフの代表取締役に就任。また銀行勤務時代に培った新規取引先の開拓やM&Aでの経験を生かし、地方都市の後継者不在、事業承継ニーズに応えるべく、株式会社絆コーポレーションを設立。M&Aアドバイザリー事業、スペシャリストの人材紹介事業を展開。著書に『継がない子、残したい親のM&A戦略』(幻冬舎)がある。

継がない子、残したい親のM&A戦略

M&Aの基本が分かる電子書籍プレゼント

無料
配布中
氏名
メールアドレス

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ
中小企業中小企業庁の「M&A支援機関登録制度」に登録されました