M&Aの仲介・事業継承・事業譲渡など、M&Aのことなら絆コーポレーション

  • 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー

手数料について

着手金、月額報酬、中間金等、ご成約前にかかる費用は一切ありません。
(完全成功報酬型)

(企業の評価が各社異なる様に、手数料も企業の業種や事業規模に適性水準があるはずです。当社は、一律の下限報酬は、過剰な手数料や不公平感があると考え、ヘルスケア、人材、環境、給食などの業界の特有の事情に最大限配慮しております。)

故に無料相談、無料企業評価により、精緻な譲渡金額をご提示し、その中で無理のない手数料額をご相談させて頂いております。

他社仲介会社から手数料2,500万円と言われたオーナー様を、300万円〜500万円でお手伝いさせて頂いたケースにございます

最近では事業評価額が低いと大手仲介が法外な手数料を提示してお断りするケースもあるようです。手数料のいかんに関わらず、ご満足頂けるまで事業承継をお手伝いさせて頂き、少しでも地域経済に貢献していくことをお約束いたします。

成功報酬の算出方法

M&A業界の基本的な手数料計算方式となる「レーマンテーブル(移動した資産の価格に対し一定の割合を乗じて算出する方式)」ですが、当社の場合は、算出基準が他社とは異なる【譲渡価格のみに対するレーマン方式】を取ります。また、レーマン方式にのみにとらわれず、条件面を総合的に踏まえてご案内させて頂きます。

※ 報酬算出基準額とは、株式譲渡の場合は、「譲渡する株式価値」の額をいう。また、事業譲渡の場合は、「事業譲渡の対価」の額をいう。

報酬算出基準額 手数料率
5億円以下 5%
5億円以上、10億円以下 4%
10億円以上、50億円以下 3%
50億円以上、100億円以下 2%
100億円以上 1%

※ 5億円以下の場合は最低手数料を設定させていただいております。お問い合わせください。

他社との比較

報酬算出基準
当社 譲渡価格にのみ手数料率を乗ずる
大手仲介α社 総資産(株価+負債総額)に一定料率を乗ずる
大手仲介β社 (株価+有利子負債)に一定料率を乗ずる

※ 負債総額とは、買掛金+有利子負債+退職金引当金など、負債価値の全てをいう。

大手仲介会社の報酬算出基準額は、「譲渡する株式価値」だけではなく、「譲渡する株式価値+負債総額」や、「譲渡する株式価値+有利子負債」となり、譲渡後に思わぬ高額な手数料を請求されるケースがあるため、アドバイザリー契約締結前に十分なシミュレーションをすることをお勧めいたします。

メールでのお問い合わせ

無料相談受付ています。お気軽にご相談ください

025-240-7033

例> 株式価格10億円、負債総額8億円、有利子負債5億円の企業の場合

報酬算出基準
A社の場合 [ 報酬算出基準額 = 譲渡する株式価額 + 負債総額 ] 10億円+8億円=18億円

5億円の部分    5%  5億円×5%=2500万円
5億円から10億円まで4% 5億円×4%=2000万円
10億円から50億円まで3% 8億×3%=2400万円

合計 6900万円
B社の場合 [ 報酬算出基準額 = 譲渡する株式価額 + 有利子負債 ] 10億円+5億円=15億円

5億円の部分    5%  5億円×5%=2500万円
5億円から10億円まで4% 5億円×4%=2000万円
10億円から50億円まで3% 5億×3%=1500万円

合計 6000万円
当社の場合 報酬算出価格 株式価格10億円

5億円の部分    5%  5億円×5%=2500万円
5億円から10億円まで4% 5億円×4%=2000万円

合計 4500万円

A社と当社の比較→ 6900万 vs.4500万 +2,400万

B社と当社の比較→ 6000万 vs,4500万 +1,500万

リーズナブルな手数料が可能な3つの理由

  1. 人を事業の絆をつなぐミッション実現のためより多くの中小中堅企業の
    経営者さまにM&Aの敷居は高いものではなく、
    経営戦略のひとつとして身近に感じていただけるように企業努力しているため
  2. 巨額な広告宣伝費を投資しての大規模なセミナー、大量のDM送付をせず、
    クライアントさまと真摯に向き合いコスト削減しているため
  3. 都心でのオフィス維持や上場維持費用、などの間接経費がかからないため

弊社に寄せられた手数料のトラブル事例

仲介会社の報酬が下限2500万
大手銀行・証券や大手仲介会社は企業の時価総額や手数料の下限を設定し、取上げる案件を制限しております。よって、株式評価が下限よりも下回る企業さまの最低下限報酬2,500万円を支払う必要が発生し、困窮してご連絡を頂戴するケースがあります。
顧問税理士からのM&A会社が紹介された
顧問税理士からM&A仲介会社を斡旋されるケースが増加しています。紹介された仲介会社で譲渡した場合、その顧問税理士事務所へは「手数料×1~3割(例:2,500万円×30%=700万円)」ものリベートが支払われています。M&Aにより顧客を失うならリベートで回収、と完全に利益相反した非道なケースが増えております。


手数料で0円の場合
売手側からの手数料0円というM&A会社からオファーがあったとおっしゃるオーナーさんがおられます。なぜ、ゼロかというと裏を返せば買手側のアドバイザーと同義であり、仲介会社ではありません。
売手側の希望を熟考した交渉は行われず、不本意な譲渡金額となったと嘆くオーナー様の相談もございます。
メールでのお問い合わせ

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ