M&Aの仲介・事業継承・事業譲渡など、M&Aのことなら絆コーポレーション

  • 東京03-5537-3177
  • 新潟025-240-7033
メールでのお問い合わせ
メニュー
成功事例成功事例

複数金融機関から借入あるも、再生型M&Aで事業譲渡

イメージ

M&Aに至った背景

入所系の介護施設を5施設所有、運営しているオーナー社長が70代を迎え、介護事業の先行き不透明ということと働く介護職を確保するのに疲れたということで弊社に相談がありました。

金融機関からの借入も残っており、それをどのように返済していくかがポイントでした。

運営している介護施設は近隣エリアにあったこと、各施設の稼働率が採算ラインを超えていることなど、条件的には恵まれていました。
譲受候補も複数から手をいただくことができ、選定プロセスを進めていき、ネックとなったのが、複数の金融機関との交渉でした。

弁護士が交渉の窓口になり、再生型M&Aを前提に交渉し、プロポーザルコンペ方式での譲受先の選定とスキームは事業譲渡方式、事業対価は返済に全て充当することでまとまりました。

譲渡企業

業種:介護事業

事業内容:入所系介護事業

所在地:新潟県

譲受企業

業種:医療法人

事業内容:医療、介護事業

所在地:新潟県

【お客様の声】

譲渡

最初はほかの仲介会社に頼んでいたんです。そこがなかなか見つけてきてくれなくて。
「もっと、早く絆コーポレーションから連絡もらえてたら、ほかに頼まなくてよかったよ」と言ったのよ。

うちの場合は借金があったから、これをどうにかできないと引退できないから心配だったし、
職員がやめて、募集して、採用してをくり返していたから、これが切なくてね。

小川さんが銀行出身と聞いたから、銀行からの借金はどうしたらいいか、わかっていると思ったよ。
買い手はすぐに見つけてきてくれたけど、やっぱり銀行との交渉が時間かかったね。
いい弁護士さんや会計士さんを紹介してもらって、チームを組んでやってもらえて、なんとか売れたし、借金も返せてほっとしてます。

交渉過程でもっとこうすればよかったなということはあるけど、二度とあることではないから、満足してます。

譲受

最初話をもらってから1年かかったけど、素晴らしい介護施設を何箇所も受けることができて、病院と既存施設との連携もすすみ、地域のためにもいい買い物だったと思います。
この話をもらう前から、あのエリアに介護施設を作りたいなとずっと考えていたので、すぐに手をあげました。

資料や説明、交渉もうまく段取りしてくれて、助かりました。
事業を譲り受ける話を職員さんにしたら、何人かは退職すると思ってたけど、すんなりみんなこちらに来てくれて、それが嬉しかったです。

【スキーム:事業譲渡型M&A】

事業譲渡
メールでのお問い合わせ

無料相談も受付中。お気軽にご相談ください
受付時間 平日9:00~18:00

025-240-7033
03-5537-3177
ページトップへ